【最上志向】【着想】【未来志向】【競争性】【内省】 【学習欲】【目標志向】【収集心】【自我】【個別化】

理想の職場について深く考えてみる。候補1.ブロガー

理想の職場


・時間、場所、お金、人間関係が自由
・ジャイアントキリングができる

 (爆発力がある。大きな成果が出る)
・フローに入れる(好きなことができる)
・楽しい

・かっこいい
・俺にしかできない
・社会の役に立てる使命の職場

 

この七つを満たした仕事ができる

職場を見つけたい。

 

候補1

ブロガー(アフィリエイター)

 

▼時間、場所、お金、人間関係が自由

評価【A】ランク

・時間は4時間程度の労働時間でいい。

・ネットが繋がるならどこにいてもOK。

・お金は月0~1000万円稼げる。

 (選択している分野によって差が出る)

・人間関係は、好きなアフィリエイターと

 関われるし、毎日関わらなくてもいい。

 逆に毎日関わりたい人と毎日仕事はしづらい。

 

▼ジャイアントキリングができる

 (爆発力がある。大きな成果が出る)

評価【B】ランク

・バズることで、ネットの中で有名になれる。

・Twitterとかで拡散されれば、特需が発生。

・ただ記事がバズっても、そのあと継続的にファンになってくれるかというと、あまりそうではない。

 

▼フローに入れる(好きなことができる)

評価【B】ランク

・儲かる分野で自分の興味のある分野は少ない。

・月200万円以上稼ぐためには、好きなことを書く雑記ブログだけだと厳しい。イケハヤとかヒトデクラスにならないと。

・基本文章を書くのが仕事なので、文章を書くのが好きな俺にとっては楽な仕事。

 

▼楽しい

評価【B】ランク

・好きなことを書ける反面、仕事としては人と関わることが少ないので、感動の共有をしずらく、Twitterやはてなブックマークなどで関わるしかない。

・とにかく人との関わりが希薄になりがち。

ストレスフリーだが、人からの感動のリターンも少ないと言ったところか。

コミュニケーションがローリスクローリターン。

人と関わりたくない人、人との関わりが苦手な人は向いてるかも。俺は得意ではないけど、もうちょっと刺激がほしいかな。

 

▼かっこいい

評価【B】ランク

・普通の働き方ではないので、普通に働いてる人からしたら自由に見えることもある。お金も人以上に一時的には稼げることがあるので、かっこ良さはそれなりにある。

・しかし、やってることが何かのまとめ記事だったり、感想やレビューだったり、体験談書くことだったりするので、それほど花があることをやっているわけではない。

 

▼俺にしかできない

評価【B】ランク

・キーワードなどを見て、いかに他人以上の記事を書くかが大事なので、ある意味自分にしかできない仕事を意図的に作っているのかもしれない。

・だが、戦うフィールドがリアルの場所ではなく、ネット上なので、死ぬほど競合がいる。あまり知らない人からしたら、対して他と変わらない仕事をしてるように受け取られるかもしれない。

 

▼社会の役に立てる使命の職場

評価【B】ランク

・ネットでものを調べたり、ひまをつぶしたりするのは、庶民の生活に密着した重要なこと。そこを充実したものにすることは社会的には意義のあることかもしれない。

・ただ、普通にやってるだけでは、貧困が解決したり、イノベーションを起こせたり、事業が生まれたりということはないので、大きなインパクトは基本与えられない。

・他のお金を稼ぎたい人に、学校のような形で情報商材を販売したりサポートしたりして、生活できるようにさせることができるのは、ささやかだが社会のためになっているかもしれない。

 

▼総論

自由度の高さから理想の仕事のように思っていたが、実は評価がAランクよりBランクが多くて、理想通りとはいかないことがわかった。

すべてが理想通りの仕事はなかなかないと思うので、理想通りになるためには、カスタマイズが必要だ。

ただ評価がCランクのものがなかったので、平均的に優秀な仕事と言えるかもしれない。最初の結果がでないところを抜ければ、あとは全体的に良い感じの仕事なのだろう。

 

▼最後に

また他の仕事を評価してみたり、ブロガーが理想通りの仕事になるためにはどうすればいいか、というようなところを考えてみたい。

 

同じようにブロガーになろうとしている人の参考になれば幸いだ。

 

ではこの辺で

星野敬児でした★

じゃーねー\(* ̄∇ ̄*)/♪