やんでる創価学会員の起死回生の一撃。 なにものでもない僕がなにものかになる記録

青年日記~精神科でWAISとロールシャッハの検査を受けてきた~

今日の戦果は以下の通り。

 

・祈り1時間5分

・心理検査5時間

 

祈り

朝病院に行く前に一時間祈りました。ガチ目で祈ってたので、あまり余裕がなかったなと反省です。心理検査で宗教の神仏に見えたのが多かったのは、この影響かもしれません。もっと、シルバーアクセサリーのスカルに似てるとか、ダイヤの指輪に見えるとか、余裕があれば言えたんですけどね。まあ次の項で詳しく話しますが、あまりにも宗教やファンタジー色が強すぎましたね。

 

心理検査

精神病院に行って最初にWAIS-Ⅲの検査をやって、次にロールシャッハの検査をしました。

 

WAISのテストは内容を一般の人に知られてはいけないらしいので、詳しくは言えませんが、算数のドリルを買いたくなりました(笑)あとは、まあ結果がきてのお楽しみですが、あまりチート能力が俺に秘められているって感じはしなかったような。二、三個のテストはうまくできた自信はあります。結果は1週間後だそうです。

 

ロールシャッハは特に人に言うなとは言われなかったので話しますが、インクをたらした絵のようなものにコメントする検査でした。しょっぱなから、まがまがしい感じの絵がきたので、けっこうグロい表現をしてしまいました。あれを楽観的に表現できるとか、どれだけポジティブなんだってなりますよ、あれは。最後の方は色あざやかなインクの絵になったのですが、正直疲れていて、あまり手ごたえはよくなかったですね。あんまり細かく書くと俺の深層心理が分析されるので書きませんが。

 

どちらのテストも2時間以上かかって、ロールシャッハにいたっては普通の人の二倍くらい時間がかかったみたいです。臨床心理士の先生、お疲れさまです。仕事とはいえ、俺の検査に最後まで丁寧に付き合っていただきました。

 

てかあまりにも集中しすぎて、家に帰ってきたらほとんど何も考えられずに爆睡。夜中起きて今にいたります。もうちょっと疲れにくい体になりたい。

 

編集後期

今日の検査は自分の得意なところと苦手なところがわかる検査らしいです。でもWAISにいたってはあまり検査結果聴かなくてもなんとなく結果予想できますね。ただよくわからないテストも多々あったので、それの結果がどう反映されているかですね。

 

ロールシャッハは本当によくわからない検査でした。これで俺の深層心理がわかるらしいのですが、あの答えでどんな深層心理をもっているのだろうって感じですね。

 

検査結果をどのようにして伝えられるのかわかりませんが、できれば紙にして渡してほしいなってのはあります。あとから詳しく分析したいので。なるべく口頭だけとかはやめてほしい。

 

あと祈りがここ二日、全然足りてない感がありますね。二日間、病院行って時間に余裕がなく疲れてるので、あまり祈れませんでした。

 

これで仕事本格的にはじめたら、ますます祈れる時間減るんじゃないかって感じですね。祈る時間と思索する時間はあまり減らしたくないです。自分らしくあるための時間なんでね。

 

明日はガープスの本読んだり、ドラゴンの卵についての転生もの小説を読みたいですね。小説に関してはハーレム要素がなくてゴリゴリの戦闘ものの小説なのですが、転生チート無双っぷりははんぱないので面白いです。読むの二周目なのですが、モンスターに転生して進化を選ぶ過程が、適職を選ぶ過程に似ているので参考にしたいなと思って読みます。

 

あとガープスのキャラクターポイントの配分をリアルで自分のステータスの配分を考えるのに使ってみたい。例えば問題のある特徴があればいくらかマイナスの評価。プラスになる特徴か自分にあれば、どの程度プラスの評価にするか、かんがえるのも楽しそうです。

 

まあなにはともあれ祈りからはじめないとね。

俺の新たな特性に祈り3時間できることをいれたいから。

 

とりあえず今日はこの辺で

星野敬児でした★

またね( `・ω・´)ノ ♪