やんでる創価学会員の起死回生の一撃

青年日記~祈れない豚はただの豚だ~

昨日(01.18)の成果です

🔘祈り30分

🔘日本賛嘆番組を視聴

🔘人間革命アニメ版を視聴

 

🔘祈り

久しぶりにやってしまった。

なんか夜に起きて、だらだら番組観てたら祈りの時間がなくなってしまった。

 

祈ってない俺は、アドバンテージを大きく失うので、こういう日は少なくしたいところだ。

 

ちなみにタイトルは、映画「紅の豚」のセリフをパロディにして書いた。「飛べない豚はただの豚だ」ってやつね。豚をバカにしてるわけではないので、悪しからず。 

 

🔘日本賛嘆番組を視聴

最近よくやるよね、日本がいかに素晴らしいかをたたえる番組。

今日はオランダ人のリフォームできる人の話が印象に残ったな。

 

手すりに滑り止め作ったり、風呂場にスノコつくったり、地味だけど技術が必要そうな仕事はすごかったな。

 

極めつけが、囲炉裏(いろり)を作ったのがすごかった。釘を使わない日本の古来の技術をマスターしていて、木材を自在に操るのは魔法使いみたいだったね。

 

一芸に秀でるプロは、やっぱすごいや。

 

あとは、実の母と結婚した義父にいじめられ、学校でいじめられてたロシアの女の子が、結婚してウェディングドレス着て幸せそうにしてたのが良かったな。

 

苦労した人は応援したくなっちゃうよね。

 

🔘人間革命アニメ版を視聴

名作である小説人間革命を元にしてるから、かなり面白いアニメになってた。アニメ観てるだけなのに何度も繰り返し観たら教養がつきそうだ。

 

文章だけとはまた違った情報量がつまってて面白かった。

 

編集後記

最近、3時間唱題の質が下がってる気がするから、30分でも差はあんまりなかったかな。ただ、人間革命noteに書いた内容が少なかったのと、一日のアウトプット量がほとんどなかったのは気になるところ。

 

やっぱり質にこだわった、3時間唱題を心がける方が充実した一日なる気がするなあ。

 

ところで、このブログって誰かの役に立ってますかね?

 

もともとこのブログを書こうと思った経緯は、マックスむらいっていうYouTuber兼生主の番組の、ディレクターをしてる中条Dが、月報書いててそれが好きだったからなんだよね。

 

俺もこういうもの書いたら面白いんじゃないかっていう。一日であったことを短く列挙したもの。でも中条Dが書いてるのは月報で、俺が書いてるのは日報だから、だいぶ違うのだけれど。

 

そのうち、池田先生が出版した若き日の日記みたいに、日々のことを書いたり、日々の学びを書いたりしたら、後々役に立つものになるかなって思って書き続けてるわけ。

 

まあ池田先生のように立派な人間になれるかというと議論があるところだとは思うけど、地涌の菩薩でなければ唱えるのは難しい題目を唱えてるわけだから、必ず立派になるはず。であるならばこうやって日記つけるのも無駄じゃないはずだ。

 

ただ、せめてもうちょっと読者のためになる日記を追求してもいいかもね。例えば今日の学びや成功法則を書く欄を作ったり、今日の感謝を書いたり。目標ややりたいことを整理して書いておいたり。

 

今書いているのは今日の出来事だけだから。

 

日記は日記でも一流の日記、プロの日記を書いたら、もっと読者のためになるよね。

 

色々ハック(改造)してみようかな。

 

今日の学び

・睡眠薬は半分でいいかもしれない。寝過ぎるから

・日をまたいでもいいから、24時間以内に1時間半祈る

・祈ってる間はできるだけ他のことをやらないで、祈りに集中する。メモは端的に書く。あくまで祈ることがメイン。

・大工にあこがれるのもいいけど、全てにはなれないのを理解する。自分には自分の良さがあり、それを磨くのも大切だということを忘れない。

・読書する時間、思索する時間を十分にとること。俺の強みは、未来志向、内省、着想と、考えることにあることを念頭にいれること。

 

good-bye

ではこの辺で♪♪

星野敬児でした★

また( `・ω・´)ノ ヨロシクー