やんでる創価学会員の起死回生の一撃

青年日記★3~一万時間の法則~

昨日(01.17)の成果はこちら

🔘祈り3時間

🔘ネットサーフィン(一万時間の法則)

・noteの記事更新

・22時には寝た

 

🔘祈り

一日のはじまりの夜中に1時間半祈った。

・新しいゲームの着想を得た!

・新しいジュエリーの着想を得た!

 

夜の8時頃、一回休憩はさんで1時間半祈った。

・相乗効果の起きる仕事の組み合わせを考えた!

・一日何時間なんの仕事するか考えた!

 

ネットサーフィン

http://logmi.jp/104222

このサイトを観て、一つのものごとで100人中1番になるためには何をすればいいのかを学んだ。

 

簡単にいうと1万時間そのものごとに取り組めばいいのだ。

一日10時間×1095日(3年)=一日10時間を3年で1万950時間

 

一日10時間取り組むなら3年間で100人中1人になれる計算だ。

 

しかし、100人中1人じゃあんまりすごくない。他のものごとにも取り組んで、100×100=1万にする必要がある。1万人中1人になるのだ。しかし、これでもそんなにすごくない。

 

さらにもう一つのものごとにも取り組んで、100×10000=100万にするのだ。100万人中1人これはかなりすごい。こんな感じで人生の時間を色々なものごとに取り組むことによって価値ある自分の能力に変える。

 

これはかなり同感なので、今後の戦略に活かそうと思う。

 

編集後記

昨日は早く寝たがまだ眠い。呼吸がわかるくらいに苦しくなってきた。いいかげんやせないと生命の危機を感じる。祈り終わったら、まず運動をする必要がある。

 

あと、一万時間の法則はわかりやすいと思った。どのことにどれだけ時間をベットするのか、よくよく考えてやりたいと思う。

 

俺は15年かけて以下のことがらをマスターしていきたい。

 

・AI&IoT

・アナログゲーム

・ジュエリー

・外国語

・唱題

 

他に以下のこともやっていく

・学会活動

・運動

・ブログ

 

眠い

 

ではこの辺で♪♪

星野敬児でした★

また( `・ω・´)ノ ヨロシクー