やんでる創価学会員の起死回生の一撃

青年日記~堕落が続く~

昨日切ったカードはこちら

・祈り1h半

・生放送視聴

・詩作

 

●祈り1h半

睡眠時間が15時間だとしても大丈夫なように予定を考えた。しかし、それでも予定通りにいかなかった。気が進まないものを気が進むように、やるべきことをやれるようにするためには、どうすればいいのか。そのあたりの池田先生の指導はあったかな。(「探す指導リストに加える」のカードを切る。)AIスピーカーに、池田先生の指導で適切なものを探す機能が欲しい。

 

●生放送視聴

やるべきことをやらないで、これをやっていた。観たのは、ニコ生の意見を聴く放送、野田草履さんの路上パフォーマーを映す放送、うきょちの雑談放送だ。どれもあまり記憶にないが、観てるときは楽しいんだよな。エンターテイメントとしては上質だけど、仕事に役に立たない時間は減らさないと。ただでさえ起きてる時間が少ないのだから。せめてやることやってから、観るようにしたい。

 

【ニコ生への意見放送を観て】

ニコ生の放送は、俺だったら迷いなく投げ銭や広告費を生放送に導入して、配信者が生活できるようにするな。ぶっちゃけ他サイトに配信者が流れてしまった理由の最たるものはそこだろう?

 

ふわっちは投げ銭で儲かるし、YouTubeは広告費がべらぼうに儲かる。画像が粗いとかラグがあるとか、そんなことは配信者はたいして問題にしてないと思うよ。俺も配信者の端くれだけど、ニコ生だけで生活ができるようにはよっぽど才能がないとならないから、ニコ生で配信したくないもの。

 

俺みたいな普通レベルの配信者が生活できるようにならないかぎり、ニコ生は衰退していくだろうね。配信者に優しくなきゃ、いくらリスナーがいてもダメだよ。リスナーの声で、投げ銭いらないとかあったとしても、配信者にとっては死活問題の投げ銭を導入しないとか、馬鹿げている。コンテンツ作る人をなめてるとしかいいようがない。

 

普通のコンテンツ作る人たちが生活できるようになるのが最低限の条件だろ、っていう。

 

【野田草履さんの放送を観て】

パフォーマーとしては騒音レベルのダメな人を撮影してたんだけど、ニコ生としては需要が少しはあるらしい。生主向きだなってコメントが流れていた。

 

しかし、自分の声とか、録音して聴いたことないのだろうか。歌詞が全然聞き取れないほどの滑舌の悪さをなんとかしないと、ミュージシャンとか普通は無理だろ。自分のことを客観的に評価するシステムの必要性を痛感した。

 

【うーちゃんの放送を観て】

うーちゃんきゃわわ!!じゃなくて、ほんとうきょちの声は癒される。聴いていたら眠くなってきて、自然と眠ってしまった。雑談の内容は、たしかディスってくるリスナーの心理とか、結婚したいかどうかとか、まあ普通の内容。それでも声が良いってのはすごい得だな。顔を出さなくても人を魅了することができる。これで顔が普通レベルだったら、かなり無双だろうな。今日も睡眠導入剤がわりにうきょちの放送(今日やってなかったら過去放送)を聴こう。

 

●詩作

すごいネガティブな詩を書いた。祈る前に書く詩は救い用のない詩ができることが多い。今日はもう少しポジティブな詩を書きたい。

 

●編集後期

眠い。とにかく眠い。俺の人生の問題は睡眠時間を制することができたら、半分は解決する気がする。

 

好きなときに食べ、好きなときに寝ていては、人間は堕落すると池田先生はおっしゃっているが、眠いものは眠い。我慢してもパフォーマンスが落ちまくるだけだ。さっさと寝よう。

 

ではこの辺で!!

星野敬児でした★

またね(`・ω・´)