やんでる創価学会員の起死回生の一撃

日記~祈りたいこと~

一昨日は落合陽一さんの出ているライブピックスの放送を観た。

 

以下その詳細。

 

 

あとは、ユニバースギアを2時間10分した。

 

 

途中までは今日も三時間祈ろうと思っていたが、夜、眠くなってやめた。

 

一つの御祈念項目に対して、いくつか細かい御祈念項目を立てた方が集中できる気がする。

 

あとやったことと言えばこれかな。

 

・猫の撮影

・ボードゲームの考案(少し)

・昼寝

 

ぶっちゃけ一昨日はいつになく能動的な行動をしない日だった。

 

Twitterをやってライブピックスをひたすら観て、疲れたら昼寝といった感じだった。

 

生産的なことをもっとやりたいな。

 

ジュエリーデザインとか、ボードゲームデザインとか、やることはあるのだから。

 

なんかあと一つくらい、一芸を身に付けたいな。

デイケアに入ったり、精神科に入院して、一目置かれるようなもの。

 

以下候補 

・論文サーベイからの研究

・中小企業診断士的なコンサル

・トランプゲームマスター

・TRPGコンシェルジェ(女性が遊ぶ物もカバー)

・お菓子作りを極めし者

・タロットなどの占い

・創価学会のリーダースキル上級者

・詩の暗唱

 

世界では一兆円企業は数少ない

 

一兆円の企業を作るのが、ハーバードビジネススクールにいる人たちのあこがれだという。

 

一兆円企業を作るためにはどうすればいいか。

1万円の商品を100000000個(一億個)売れば良い

気が遠くなるな。

 

ジュエリーキャスト

10万円(1年で使う額)×10年(10回)×客100人(10年)×1000人(従業員 or AI)

 

これで1兆円。年間10万円利用すれば、不可能じゃない。

 

自分にしかないユニークなスキルとしてのジュエリー

 

コミュニケーションの潤滑油としてのジュエリー

 

コラボのきっかけとしてのジュエリー

 

作れたら良いな

 

TVのメディア力にネットで勝てるか

茶碗蒸し5000円分が一日で17000個売れたらしい。

8千万円があっという間に売れる。

 

個人でこれくらいのメディア力持てたら面白いんだけどね。

 

ヒカキンやヒカルクラスだと一動画100万~300万再生とかいく。

 

テレビだと視聴率10%(普通関東地区がもちいられる。人口4000万人)で、400万人くらいにリーチできるってところか。

 

テレビくらいの影響力を持つためにはヒカキン、ヒカキンクラスになることだ、ってわけね。

 

さらに視聴率30%、1200万人にリーチできるとかになったら熱いだろうな。

 

まあそんだけ影響力強くなったら責任やデメリットも大きいだろうが。

 

ブログはエンターテイメントか

止まれ、読者はついてきているだろうか。

 

一人でもこのブログを読んでくれる人のために、

面白いブログでありたい。

 

面白いとは何か。

以下、少し難解な式を展開するが、難しいパズルを解くように楽しんでほしい。

 

面白さとは

 

面白さ

=専門性

(考えた時間×没頭した時間×問題提起と回答の質と量)

×コミュニケーション

(関わるタイミングや関わる質×わかりやすさ)

×レアリティ

(サーベイした他にはない価値×緩急のある企画)

×祈った時間の質と量☆二乗

(続けて同じことを祈ること×明確で具体的な祈り)

 

以下ブログの面白さを上記の方程式に当てはめて

考える

レベル1は少ないレベル2はある程度ある

レベル3は多い

 

ブログの面白さ

=専門性、レベル1×レベル2×レベル1

×コミュニケーション、レベル2×レベル1

×レアリティ、レベル2×レベル1

×祈った時間の量と質、レベル2☆二乗

 

レベル1をレベル2にするのか

レベル2をレベル3にするのか

悩みどころだ。

 

祈った時間の質と量を

レベルアップするには

 

二乗効果のある祈りに関しては

量はすでに充分だから

あとはいかに質をあげるかということに

こだわっていく。

祈る前に、御祈念項目を書いておく。

量をあげるために、月1回10時間唱題をやってもいいかもしれない。

 

これでレベル2→レベル3になる

 

専門性をレベルアップするためには

 

【考えた時間】は簡単に増やせない。

ブログがなぜ~なのか、それでどうするなど

考える時間をとることが重要だ。

それを考える時間はあまりない。

しかし全くとらないのも問題なので

一日15分程度取る。

 

【没頭した時間】も正直時間不足なので、あまり増やせない。現状通り一日一時間で頑張る。と、思ったが、他の人たちの作業料を見ると、稼いでる人は一日3時間以上やってることが多いみたいだ。俺もとりあえず3時間やるか。

 

【問題提起と回答】は、イシュー(課題)を特定することや、仮説を立て検証するだけなら、それほど時間がいらないので、これも一日15分くらいやる。読者の関心は何かを考える。

 

これで

専門性は、

考えた時間がレベル2

没頭するがレベル3

問題提起と回答がレベル2

になるだろう。

 

コミュニケーションを

レベルアップするためには

【関わるタイミングや関わる質】を強化するには、

 

・日記(執筆に一時間)

適当に投稿→★一日の終わりに投稿する

みんな一日が終わって、他の人はどんな一日だったか見てみたいのではないか、という仮説。

 

・一日の予定&創価学会ネタ(30分)わかりやすく書く

無投稿→一日一個朝投稿

朝仕事に行く前に、元気をもらったり、仕事に対する新たな武器を得るのが喜ばれる、という仮説。

 

・ニュースピックアップ(30分)わかりやすく書く

無投稿→一日一個昼投稿

昼食中に面白いニュースで休息したり、話のネタにする文章がほしい、という仮説

 

・世の中の考察を投稿する(1時間)

無投稿→一日一個夕方投稿

仕事終わりの楽しみにDEEPな内容が読みたい、という仮説。

 

これで

コミュニケーションは、

 

関わるタイミングや質がレベル3、

わかりやすさがレベル2になる。

 

一日に濃厚な文章が四回も配信されれば、ブログ界トップクラスの更新頻度になるだろう。

 

わかりやすい記事と歯ごたえのある記事をおりまぜて、今より読みやすくなる。

 

レアリティをレベルアップするためには

【サーベイした他にはない価値】強化は、一日5記事程度読み、そのブログに書いていないことを洗い出す。(30分)

 

【緩急のある企画】の強化は、急として大型企画としてシリーズものを書いていく。電子書籍化できるような濃厚な内容のものを書く。

 

緩として週に一日は完全に休みの日を作って、ありがたみを出す。

 

これで

レアリティは

サーベイした他にはない価値がレベル2→レベル3

緩急のある企画がレベル1→レベル2になる

 

それでそれで?

つまりは、ブログにてこ入れして、ブログにかける時間を1時間から4時間にするということ。やらないかもしれないが。それと面白いボードゲームを作ることと面白いジュエリーを作ることも方程式にあてはめててこ入れしたいが、長くなるので別の機会にする。

 

このように因数分解して考えれば、問題点が浮き彫りになって、どこをどのように修正すべきかが明らかになる。

 

新たなスキルとして今後も使っていきたい。

 

それじゃまたね♪

星野敬児でした★