やんでる創価学会員の起死回生の一撃

Our Campus(詩)

美しいジュエリーが

煌めくミュージアム


自分を表現する
詩と由縁(ゆえん)が
添えられている

 

僕を表現する
その一角(いっかく)は
僕だけのスペース
僕が表現される場所

 

流行りの民宿は
ちょっと敷居(しきい)が
高いと思った僕でも
みんなでここを
作り上げることなら
できる気がした

 

割り振られた
空きスペースを
自由に使って良い


食べ物を作って売っても良い
ゲームを置いて遊ばせても良い
手芸で作った雑貨を売っても良い
朗読のCDを売っても良い
僕らは外と呼吸する場を手に入れた

 

割り振られた人生の
限られた時間
何に投資して
どんな場所を作るのか


競争性の高い僕だから
売り上げで頂点を目指すのも
いいな

 

このエリアにしかない
僕らでしか描けない
Our Campas(アウアキャンパス)
という

 

芸術

 

ここは

旅するものの
たどり着く
シャングリ・ラ


新しい奇跡の生まれる場所
コラボレーションの
爆発の発生地


この地球上の
チームの数だけ存在する
自由な楽園

 

アウアキャンパス
あなたの好きな色で
好きなように描いて良い


自分のお気に入りが
この場所で育つ

 

お気に入りが
もっと好きになる場所

 

詩が好きだったら
最初はそのコピーを
ホチキスでとめて
安く配れば良い

 

ファンがついたら
ためたお金で
冊子にして
売れば良い

 

ここは自由な場所
アイデア次第で
なんにでもなる

 

ここは
大きな夢のつまった
小さなテーマパーク


平日の夜が忙しければ
休日だけ開いてもいい

 

日によって
出すものを変えてもいい


日によって
使えるエリアの大きさを
変えてもいい

 

週末になるたびに
新たな発見がある

 

宝島を探して旅する
海賊のように
お客さんと僕らは
仲間になって
ドキドキとワクワクを
この場所で見つける


そこで自分にぴったりの
宝物を見つけて
自分の拠点に持ち帰って
歓喜のどんちゃん騒ぎ


そんな面白い時を
日々繰り返すのさ

 

ゼルダの伝説
ブレスオブザワイルド
のように


全てのオブジェクト(構造物)に
意味のある
あの物語のように

 

全ての人間には
意味があり


そこにしかない
面白さがある


そんな証明がなされる
特別な場所
圧倒的な充実

圧倒的な美、利、善


そして
noteは
そんなシャングリ・ラを
作る前の
種を育てる

実験の場

 

メンバーが集まるまで
お客さんが集まるまで
作品が形になるまで
僕らはnoteで
実験を繰り返す

 

好きなものを作ればいい
好きになれそうなものを
作ればいい

 

そう
noteの立ち位置は
そんな楽園を作る前の
土台なんだ

 

何を作っても良い

なんだっていい
誰に向けて
何を作るかを考えていれば


日記を抜粋したエッセイでもいい
写真を選別した写真集にしてもいい

場所代は
分担してもいい 

 

土地を持っていたり
お金を持っている人が
投資しても良い 

 

その場合は
多く負担する人が
大きなみかえりを
得ることができるように
すればいい

 

例えば
僕の家の庭で
月に一度開催するのが
楽しそうだ

 

やれることは限られてくるが
スマートに開催できそうだ

 

ああ

僕は描こう
こんな夢をたくさん描こう
詩に乗せて
夢を乗せて

 

Our Campus
そこは
僕たちの夢が
実現する場所

素敵な
キャンパスライフを

君と共に