やんでる創価学会員の起死回生の一撃

もっと、もっと白く

生きることをもっと面白くしたい。

仕事も方向性を模索中。

 



f:id:hiroyuki2015:20171003030040j:image

 

今日稼げるお金がほしい。今日稼げる仕事がほしい。なんかチート能力もほしい。大型企画を作る力もほしい。

 

昨日はレース・フォー・ザ・ギャラクシーってボードゲームをして楽しかった。

 

ただまだ種が華になるためには時間がかかるかも。

 

ボードゲームを作る力も、磨けばチート能力になるのかなあ。一ヶ月に一個作れるようになれば、大型企画の一つになれるかも。

 

俺も野田草履みたいに「10月の大型企画」ってのを作って、それに向けて頑張りたい。

 

チート能力は磨かなくて手に入るからチート能力なんですよ。

 

野田草履のチート能力はなんだ?

 

野田さんの持ってる力は、

1・企画力

2・目立つ服装構築力

3・グロかわいい

4・5000冊の本を読んだ知性

5・グロ料理製作能力

6・現場に向かうフットワークの軽さ

7・トークスキル

8・仲間を作るコミュニケーション力

 

これらを駆使して生放送をして人気者になっている。 


f:id:hiroyuki2015:20171002170503j:image

 

才能がほとばしってるのが見てればわかる。

デブであることさえ、彼の魅力の一つになっている。

生主(生放送配信者)になってから17人とHしたと豪語するだけのことはある。

 

 メンヘラであることさえ、彼の魅力を輝かす一要素になっている。

 

彼はキリスト教の洗礼を受けているという。

クリスチャンになれば彼のようになれるのだろうか。

 

叩き上げの学会員である俺の場合

 

まあ叩き上げといっても、20代の10年間ずっと休まず学会活動を続けてきたってだけで、実際の折伏力とか人脈とか確信はほとんどないっぽいんだけどね。

 

俺の持っている力はなんだろ。

野田さんのような、はなばなしい能力はないと思うんだけど。

 

1・1年半修行した【ジュエリー製作能力】

 

2・2010年から7年の間磨いてきた

 【文筆エッセイ力】

 

3・大学生の間50個以上のアナログゲームを

 買って友達と遊んだ【アナログゲーム力】

 

4・小学校のころから小説や良書やビジネス書を

 読み続けてきた【読書力】

 

5・工事現場のガードマンや創価学会の屋外警備

 の創価班を合計2年以上やってきた【警備力】

 

6・ダイエットするたびに失敗して

 たまりにたまった体重105kgの【デブ力】

 (やせればマイナス50kgの称号を得る)

 

7・メンヘラをこじらせて3ヶ月も病院に入院した

 精神障害者2級の【メンヘラ力】

 (メンヘラでもできる~本を作れば売れそう)

 

8・学生部の時から創価学会にいそしんできた

 青年教学1級や教学実力試験90点オーバーの実力

 を持ち、担当したグループは活動家の力が

 千葉県2位の成績をおさめた【創価学会力】

 (これから一位とってやる)

 

振り返ってみると、それなりに積み上げてきたものはあるような気がする。

 

もうちょっとシャープ考える

 

1・文筆力

2・ファッション力

3・アナログゲーム力

4・SNS経験数の多さ

5・創価学会力

6・内省力

7・相手の立場に立つスキル

8・やりたいことを色々する力

 

これらの力を磨くなり、活かされる場所に顔出して(転生)チート無双をかますなりできたら面白いだろうな。

 

リアル異世界転生チーレム無双

 

「小説家になろう」というサイトでは、異世界転生チーレム無双が王道らしい。チーレムとはチートハーレムの略。チート=ずるい強さでハーレム=女性をはべらすという意味。

 

現実世界で同じことしたらどうなるだろう。

 

まあそもそも普通の先進国ではハーレム作ったら白い目でみられる。結婚せず八股をかけたしげしげのような猛者もいるが、嘘をついたり、不倫したりすれば社会的に圧力をかけられる。

 

八股をかけられる人の気持ちはどんな気持ちだろうか。うまくかけてもらわないと悲しい気持ちになりそうだ。

 

ただそもそもハーレムを作りたいのか。一人で十分じゃないのか。結論から言うと一人で十分だが、どちらがより面白いかは、ハーレム作ったことがないからわからない。

 

どうせHの記憶なんてすぐ忘れてしまうのだから、もっと永続的に自分を幸せにしてくれる要素を手に入れたい。

 

欲しいもの 

 

永続的に自分を幸せにしてくれる要素とは。

今自分に必要なほしいものをあげてみる。

 

1・お金がすぐに儲かり、続けられる仕事

2・トイレの回数が減ること

3・歯並びがきれいになること

4・体重が減ること

5・折伏や選挙や会合を成功させる能力

6・自分の良さが輝く機会

7・理想の彼女

8・人を幸福にする力

 

他にも色々あるけど、とりあえず8つあげてみた。

下半期でやりたいことは

記運遊歯

 

日記(ブログ)を書く

運動する

遊楽(ゲーム)を作る

歯を綺麗にする

 

あと、家にいながらにして、ジュエリーを作ってみたい。

ジュエリーデザイナーの仕事だけ自分でやって、他の面倒な部分は外注とかお金があればできそうだ。

 

3DCAD(パソコンでジュエリー作る)の本を買おうかな。ちょっと高いみたいだけど。

 

閑話休題(本題に戻る)。

まずは一ヶ月5000円でもいいから、お金を増やす仕事をしたい。

 

詩を売りたい。売れそうにないけど。音声動画を売りたい。集客できないので厳しいけれど。

 

でも、どうせ来月、月5000円入ってくるのも、来年、月5000円入ってくるのもたいして差はないから、Twitterやブログで人にリーチしながら、Kindleやnoteで売れるように力を磨くか。

 

絵描きやうた歌いが儲かるのだから、詩人が儲かってもいいはずだ。

 

毎日詩を書いて、Twitterに一部抜粋して掲載するか。

 

来年までに月5000円稼げるようにならなければ、どうしようか。創価学会やめてクリスチャンか日蓮正宗に改宗するか。あるいはラインのコメント欄に「私はpoor」とか書こうか。

 

そのあたりのことも本気で考えていかないと、いつまでたっても貧しい暮らしから脱出できない。

 

少し自分のけつを叩いていかないと。

 

うなれ!ケツドラム!!(ペチペチ)

 

とりあえず以上!

 

星野敬児でした★

またね♪