やんでる創価学会員の起死回生の一撃

適職、適学を調べるサイトと占いを使ってみた感想と今後について

やったー!信頼している占い師さんの診断で、今週一番運の良い星座になったー!

これ↓

【7/24〜7/30】言葉と知恵を武器にしよう!今週の星占い【週間星予報】 - YouTube

 


f:id:hiroyuki2015:20170724043611j:image

 

俺は獅子座で木曜日がターニングポイントだ。今週は自分の外にある確かな価値によって、自分を自立させることが鍵らしい。

 

とりあえず自立ね、自立。

 

自立するために役に立つ、外部の価値を何にするかが悩み所だけど、今日それを明確にする面白いサイトを見つけたんだよね。それを活かして自立に向けて頑張ろうと思う。

 

↓それはこれ

自己分析/スタディサプリ進路

 

無料で出来る診断サイトなんだけど、自分が何の職に向いてるかとか、何を学ぶことに適性があるかを調べてくれるんだ。

 

 
f:id:hiroyuki2015:20170724043657j:image

↑これが俺の適職

 


f:id:hiroyuki2015:20170724043736j:image

 

↑これが学ぶことの適性

 

どちらにも言えるのが、かなりマスコミ、メディア系に向いているみたいだね。

 

適職の方で音楽や彫金やゲームに向いているのは薄々わかっていたことなので、そちらもこれから伸ばしていきたい分野ではあるよね。

 

マスコミ関係は色々な職種があるけど、どれが向いてるのだろうか。

 




f:id:hiroyuki2015:20170724045224j:image


f:id:hiroyuki2015:20170724045238j:image


f:id:hiroyuki2015:20170724044646j:image

 

一応今までやってきたのに関係してるのは

詩人、小説家、ライター、パーソナリティ、ジャーナリスト、宣伝とかかなあ。やってみたいのは、(ボイスドラマの)俳優とか、新聞記者とかかね。てかこのブログをメディアとして運営して、一つの新聞みたいに毎日更新の面白媒体にするのも悪くないよね。

 

イケダハヤトはブログはアートだって言ってるけど、ただ記録した情報を伝えるだけでなく、自分の表現の場、世界を変える前線基地としての新聞的な場を作りたい。

 

毎日経済について更新される情報媒体としては、ニュースピックスがあるけど、そこから引用したり、自分独自の考察をしたい。そして個人が豊かになり、国が豊かになり、世界が豊かになる原動力にこのブログがなれたら、革命的じゃない?

 

俺〈革命的〉とか〈チートスキル〉とか、そういうハイリターンなことが大好きなんだよね。そういう力を得るための武器にこのブログがなれたら、俺やこのブログを読んだみんなが、かっこよくなれるかも。

 

レッドブルは「翼を授ける」ってのがテーマだけど、このブログは「革命を授ける」ってのをテーマにしたらどうだろうか。なんの革命かというと、主に俺の興味のある分野に関することだけど、全般的にどんな人でも、大きく成長したり、生きがいを見つけられるようになれたらいいね。

 

俺が特に興味がある分野は、ゲーム、ファッション、教育、経済、宗教、文筆、人間革命学(人間の成長、幸福に関係する学問)、食、音楽、語学など。

 

この10個を中心に書いていくことになると思うけど、他のことも書くことがあるかもしれない。他には旅とか、自宅のテーマパーク化とかにも興味がある。 

 

これらのことを書くウェブ新聞、ウェブ雑誌的な感じでブログを書いていこうと思う。

 

少しずつ執筆するコツを覚えてきたから、数多くのみんなが楽しめる役に立つようなブログになるまで、もうすぐだと感じている。

 

俺の目標というか、イメージとしては、生主兼YouTuberの野田草履が最盛期で出していた爆発的な面白さを継続して出していけたら、まずは良い感じかなと。

 

彼の最盛期時の放送は毎日が楽しみでしょうがない、明日の野田は何をやるのかというワクワク感が止まらない放送だった。リアルタイムで見れなくても、タイムシフトでゆっくり見るのが好きだった。

 

今はちょっと濃度が薄くなってしまって、毎日が伝説の目撃者になれるような期待とワクワク感は少なくなってしまったけど。あの最盛期以上の面白い野田になることを、俺は信じてる。またその一助になれるようなブログでありたい。目標の一つに、野田さんが愛読するブログになるってのいれようかな。

 

ともあれ、あんな風に、あなたの毎日をワクワクさせるようなブログにしたい。

 

よーし頑張るぞー♪♪

 

もし良かったら、この物語を一緒に見てください。

感覚が合う人なら、きっと楽しめると思います。

 

ではとりあえず

今回はこの辺で

 

星野敬児でした★

またね\(* ̄∇ ̄*)/